誘導灯もLED化が必要です

ご存知ですか?
蛍光灯や水銀灯だけでなく既存の誘導灯もLED化が必要です。

24時間点灯の誘導灯は早期にLED化をするのが重要です。

常に点灯をしている誘導灯は費用対効果も期待が出来ます。
例:24時間点灯で消費電力約7割削減

使用されている製品は耐用年数も超えているケースが大多数です。
注)器具の寿命は12年~15年、バッテリーの寿命は4年~6年です。

今の時期にLED化をすることで、非常時も明るく点灯し、器具や部材の不足時の心配もなくなります。

寿命を超えた誘導灯は火災の原因になります

過去に火災が起こったケース

古い誘導灯は発火の可能性があるのをご存知でしょうか。

2005年に宮崎県のホームセンターで、2006年には北海道と三重県で誘導灯の発火による火災が発生しています。

いずれの火災も発火の原因は誘導灯に内臓されている「蛍光灯安定器」でした。
この蛍光灯安定器が極めてまれにですが発火に至る可能性があることが報告されています。

バッテリーや部材の劣化により火災に至るケースもあります。

また、誘導灯の適正な交換時期は8~10年と定められています。
寿命に近づいた誘導灯は点検又は交換が必要となります。誘導灯と同じく内臓されている誘導灯バッテリーも同じく寿命があります。
誘導灯バッテリーの寿命はさらに早く4~6年とされています。

万が一、非常時に「バッテリーの寿命が切れていた為に誘導灯が点灯しなかった」場合は、消防法で管理者に罰則が適用される可能性があります(消防法第45条で規定が定められています)。

火災発生時に必要な誘導灯が原因で火災が起こることも本末転倒です。後々問題とならない準備をお勧め致します。

大型施設の場合、60分点灯の誘導灯が必要となります。(平成26年改定)

認定マーク製造年月
1996年4月~2002年3月
2002年4月~2005年8月
2005年2月~2011年3月

上記マークがついている誘導灯は既に器具の寿命を迎えているため火災の原因になる可能性があります。

また、点検を受けていても非常時に点灯しない可能性もあるため、早期に器具ごと交換することをお勧め致します。

誘導灯は年2回の点検が義務付けられています。

消防法(第17条の3の3)に基づいた消防用設備等点検報告制度があり、その年2回の点検を怠ってしまうと罰則を受けてしまう可能性があります。

消防用設備等点検報告義務違反

30万円以下の罰金又は拘留
人的被害の場合の損害は別途

詳しくはこちら

定期点検付きLED化サービス

弊社では器具(ランプ以外の部品)がまだ使える場合は、器具ごと交換ではなくランプのみ交換をお勧めしております。
そのため、コストを抑えてLED化が可能です。

管球交換
【LED照明アプラⓇ直管タイプ・電源ユニット・非常用バッテリーセット】

月々定額のLED化と定期点検をまとめたサービスもご提案可能です。
(誘導灯・非常灯以外の各種消防設備の点検も承ります。)

サービス サービス

初期費用ゼロでLED化ができる

LED照明の故障などの際も安心の無料保証

消費電力ダウンでコスト削減

CO2削減・水銀不使用で環境にやさしい

点検や報告にかかるコスト削減

安心してご使用頂けます!

お問い合わせ

お見積り依頼・お問い合わせなどお気軽にご連絡下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号

会社名もしくは管理組合名

現場エリア

お問い合わせ内容

詳しい内容、ご質問などございましたらご記入ください。

お電話でのお問い合わせはこちら
「誘導灯.comについて」とお伝えください。

個人情報の取り扱いについて